釧路湿原はマイナス25度、厳寒の朝を迎えました。

DSCN0825シャーベット状の氷が音を立てて流れています。
DSCN0819釧路川の周りの木々は、樹氷で真っ白になっています。
午前7時30分、空と川が青色に映えて回りは真っ白な花が咲いていました。

川の淵に張り付いた氷が流れているわけではなく、外気の冷え込みによって川面の水がじわじわ湧くようにできる氷で、堅い氷ではなくサクサクしたシャーベットのような氷です。

マイナス20度くらいになるとできる自然現象で、この時期ならではの風景です。

DSCN0835ここ数日は、特に気温が下がってすばらしい景色を見ることができます。
もうまもなく厳寒期も終わって、このすばらしい風景も終わりを告げることとなります。