ようやくシバレから解放されました。
最高気温がようやくプラス気温になって、春近しの感じがしてきました。

釧路川も穏やかに滔々と流れています。
カヌーでの途中、川岸の低木にオジロワシが止まっていました。
DSCN6861DSCN6866釧路川カヌーならではのシーンです。
陸ではなかなか出会えない光景です。
川に生息する魚を狙っているのでしょう。
DSCN6867アレキナイ川ではタヌキに出会いました。
タヌキはなかなか見ることない生き物の一つです。
こんな川岸にいるのも珍しいことです。

釧路川のカヌーは、いろいろな出会いがありますが、もちろん思っていたほど出会いがないこともあります。
自然との遭遇はその時、その場所でいろいろの違いがあります。