1週間ぶりにカヌーツーリングが再開できました。
IMGP0936アレキナイ川にかかるJR釧網線の鉄橋の下を増水のため通ることができない状況が続いていましたが、
ようやく1週間ぶり何とか通ることができるようになりました。
それでもスムーズに通れるわけではなく、カヌー本体がぎりぎりで通ることができる状態で、
お客様にもカヌーの中に隠れるようにしてもらっての通過です。
DSCN2395通過してしまえばあとは普通どおり、増水しているとはいえ川は穏やかに流れています。
DSCN2399釧路川は、いたるところで氾濫して川岸がどこかわからないほど水が増えています。
DSCN2400湿原の奥まで水浸し、台風の後、初めて見た光景にはびっくりです。こんな景色は20年以上もカヌーに関わって初めてです。
元の湿原らしい姿に戻るには1か月以上もかかるのではないでしょうか。
エゾシカなどの動物たちもすっかり避難しているのでしょうか、姿を全く見ることができません。
早く戻ってきてほしいものです。